神奈川能力開発センターへようこそ

 神奈川能力開発センターは、昭和61年2月に神奈川県内の企業、神奈川県、横浜市及び川崎市の協力のもと、全国に先駆けて知的障がい者の職業的自立の推進を目的に第3セクター方式により設立され、伊勢原市日向に訓練施設を設置し、昭和62年10月から職業訓練を開始しました。

 以来、基礎的な技能訓練を実施するとともに、生活習慣や労働習慣、職業人としてのマナーなどを体得させるなど、一人ひとりの個性や能力を重んじてきめ細かな就労支援を行い、多くの修了生が社会に巣立ち、就労し続けております。

 

 

最新情報

  • 一日体験教室参加の追加受付について
    一日体験教室の参加受付は終了いたしましたが、 6月21日及び28日の一日体験教室にまだ余裕が
    ございますので、参加ご希望の方は至急ご連絡ください。 (平成28年6月14日)